東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・東東京】

<熱球譜>帝京から転入 新たな仲間と絆の継投 都立篠崎3年・山本紘平投手

7回表の日大豊山の攻撃を抑え、先発した宮沢投手(左)に迎えられる山本投手

写真

 「五回までは投げる」と約束していた主戦宮沢祐馬(ゆうま)投手が3点目を取られ、三回2死一、三塁のピンチで降板。交代した山本紘平投手が次打者を空振り三振に仕留めてピンチを脱した。140キロ前後の直球と縦に落ちるスライダーが決まり、四回以降を3安打に抑えた。

 山本投手が最初に進んだのは強豪の帝京野球部。一年夏の練習中に左足の靱帯(じんたい)を損傷してしまった。歩くのもままならない状態では練習についていけないと退部。三学期に篠崎に転入した。

 リハビリがうまくいき、1年前から野球部の練習に参加できるようになった。練習場所の狭さなど環境の違いに戸惑いもあったが、笑顔を絶やさず、楽しく練習する部員たちとうち解けた。特に宮沢投手とは変化球の握り方や投球の心構えなどを助言し合い、「互いに高め合ってきた」。

 最速130キロの直球と90キロ台後半のスローカーブの制球力で勝負する宮沢投手と、速球でぐいぐい押す山本投手。違うタイプの継投は的をしぼらせず、7試合中6試合を二人の継投で勝ち上がってきた。

 転入後1年間は、高野連の大会に出られない規定で、山本投手にとっては最初で最後の夏の大会。好調だった打線はこの試合、好投手相手に鳴りをひそめた。試合後は「いろんなことを思い出した」と泣き崩れた山本投手だが、表情には充実感があふれていた。「最後まで、楽しく野球ができて良かった」 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報