東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・神奈川】

<熱球譜>横浜2年・石川達也投手 監督と行きたかった

力投する横浜先発の石川投手

写真

 名門校は今大会、ノーシードからの決勝進出。負けてもともと、という開き直りが結果につながっていた。そんな中でたどり着いた大舞台。

 3点を追う六回裏、2死満塁の絶好機で打席に立つ。その時、ベンチから伝令が届いた。「リラックスしてコンパクトに打て」。分かってはいた。狙いを直球に定める。

 だが、チェンジアップにバットが空を切ってしまった。「打ってやろうという気持ちがから回りしてしまった」。三振。悔しくて叫んだ。前日の準決勝桐光学園戦で、サヨナラ二塁打を放ったようにはいかなかった。

 投げては前日に続いて託された先発マウンド。脇腹に痛みを抱える中、三回までは緩急織り交ぜた配球で相手打線をうまくいなしていた。渡辺元智監督から「まともに勝負に行っても勝てない。緩急で勝負しろ」と徹底されていたからだ。

 初回の1球目から緩やかに弧を描くスローカーブ。その球を要所で見せた。我慢を重ねながら自分たちのペースに持ち込もうとした。だが、四回につかまってしまった。

 「お世話になった三年生と渡辺監督を甲子園に連れて行きたかったが、力不足で連れていけなかった」。来年こそ名門復活を印象付ける。 (上條憲也)

 

この記事を印刷する

PR情報