東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・西東京】

<ヒーロー>代打で初打席、執念の一打 早実3年・佐藤 純平選手

写真

 八回、3点を挙げてなお2死一、三塁の好機。和泉実監督から「好きに打て」と代打に送り出された。流れを断ち切るわけにはいかない。

 公式戦初打席。場内の声援さえ聞こえなくなるほど集中し、直球だけを待った。2球目を思い切り振り抜くと、強い打球は遊撃手のグラブをはじき、外野へ転がった。4点目が入り、さらに3連続四球の押し出しで逆転した。つなぎに徹し、結果を呼び込んだ。

 小学三年から捕手だが、チームではプロ注目の正捕手加藤雅樹主将の控え。ブルペン捕手として投手の球を受け、調子を監督に伝える。チームは継投が必須なため、いつも誰かがブルペンにいる状態で、試合はほとんど見られない。

 春の都大会では正一塁手が付ける背番号3をもらった。しかし、得意の打撃がスランプに陥り試合に出られず。入部したばかりの清宮幸太郎選手が都大会で決勝打を放って鮮烈デビューを飾り、3試合目には本塁打が飛び出すと、レギュラーの座は遠ざかった。

 今大会は加藤主将と清宮選手の活躍で勝ち上がり、「連れてきてもらった」という思いが強かった。この日の安打で、初めてチームに目に見える形で貢献できたと実感できた。甲子園でも、行けと言われたらいつでも行くつもりだ。

  (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報