東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・埼玉】

<熱球譜>白岡3年・谷中壮樹投手 「二人で一人」快進撃支え

写真

 浦和学院を撃破した準決勝に続き、今大会7度目の先発を任された。春夏を通じ初の甲子園出場をかけた大舞台。だが、「集中力というか、気持ちが何か違った」。肩に力が入り、失策も重なって5失点。六回途中で永島一樹投手(三年)にマウンドを譲り、左翼を守った。

 七回表、敵失で一塁に出ると、後続の中前打で一気に三塁を狙った。結果はタッチアウトだったが、果敢な走塁で気合を見せた。4点を追う九回には、2死三塁の場面で打席に立った。「何とか取り返したい」。高めに入った直球を右前にはじき、1点を返した。思わず両腕を突き上げた。

 チームは昨夏の埼玉大会で4回戦まで進んだが、新チームは昨秋も今春も地区大会で初戦敗退。今大会での快進撃を支えたのが、自身と永島投手の継投策だった。制球力のある谷中投手が試合をつくり、永島投手が直球勝負で抑える。鳥居俊秀監督は「二人で一人のエース」と呼んでいた。

 「味方にエラーが出ても粘り強く投げてくれた」と鳥居監督は感謝する。「負けた悔しさの方が強いけど、最後の最後まで戦えたのは良い経験になった」。背番号7のエースは胸を張った。 (谷岡聖史)

 

この記事を印刷する

PR情報