東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・千葉】

「春の悔しさ晴らす時」 木更津総合ナインが市役所訪問

木更津市のマスコットキャラクター「きさポン」とポーズをとる木更津総合ナイン=木更津市で

写真

 高校野球夏の甲子園大会に出場する木更津総合ナインが二十九日、木更津市役所を表敬訪問した。甲子園は春夏連続の出場で、夏は三年ぶり五回目となる。

 選手を代表して小池航貴(かずき)主将(17)が決意表明。センバツでは八強で敗退したことに触れて「春は悔しい思いをして戻ってきたが、晴らす時がやってきた。春にできなかった全国制覇をして、帰ってきたい」と意気込みを語った。

 渡辺芳邦市長は「甲子園では春の悔しさをぶつけてきてほしい。木更津や千葉県の主役から、全国の主役になり、戻ってきてください」と激励した。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

PR情報