東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・茨城】

「2回目の優勝期待」 知事、常総学院選手ら激励

橋本知事を表敬訪問した(右から)中村主将、有村内野手、鈴木投手=県庁で

写真

 八月七日に開幕する第98回全国高校野球選手権に三年ぶりに出場する常総学院(土浦市)の選手らが二十九日、県庁を訪れ、橋本昌知事に夏の甲子園での健闘を誓った。

 訪れたのは、佐々木力監督と、いずれも三年の中村迅主将、鈴木昭汰投手、有村恒汰内野手ら。中村主将は「甲子園では県民の声援の力を借りて一戦一戦、頑張ってきます」と決意を述べた。

 鈴木投手は「県大会では他の投手に助けてもらったので、甲子園では自分の成長を見せたい」と意気込みを示した。

 橋本知事は「三年生は集大成となる大会。これまでの練習の成果をぜひ全国に示してほしい。夏は二回目となる優勝を期待している」と激励した。

 佐々木監督は「投手を五人と多めに登録した。スタミナに配慮しながら継投していきたい」と連戦を勝ち抜く戦略を披露した。

 チームは八月二日に甲子園へ向けて出発、四日の組み合わせ抽選会に臨む。 (成田陽子)

 

この記事を印刷する

PR情報