東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 98回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第98回全国高校野球選手権大会(2016)・埼玉】

「夢、希望与えるプレーを」 甲子園出場 花咲徳栄、健闘誓う

塩川修副知事(中)に健闘を誓った花咲徳栄の岡崎大輔主将(左)と楠本晃希副主将(右)=県庁で

写真

 第98回全国高校野球選手権(八月七日開幕・甲子園球場)に県代表として出場する花咲徳栄の岡崎大輔主将(三年)らが二十九日、県庁を訪れ、塩川修副知事に健闘を誓った。

 塩川副知事は県のマスコットキャラクター「コバトン」のぬいぐるみを岡崎主将に手渡し「県大会では圧倒的な強さだった。甲子園は県民が見守っているので、頑張ってほしい」と激励。岡崎主将は「昨夏の甲子園、今春のセンバツでもたくさんのご声援をいただいた。県民に夢と希望を与えられるようプレーしたい」と応えた。

 花咲徳栄はプロ注目のエース高橋昂也投手(同)を中心にした堅い守りとつなぐ打撃で県大会を二年連続で制覇。昨夏の甲子園では八強に進出しており、今年はそれ以上の成績が期待されている。

 岩井隆監督は「四度目の甲子園で、一戦一戦を大事に戦い、頂点を狙う。甲子園に忘れ物をしないよう頑張りたい」と県勢初の優勝に向けて、意気込みを語った。 (西川正志)

 

この記事を印刷する

PR情報