東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

岐阜県知事選、29日に投開票 4選目指す現職と新人の一騎打ち

 12日告示された岐阜県知事選は午後5時で届け出が締め切られ、いずれも無所属で、自民、民進両党の県組織と公明党から推薦を受け4選を目指す現職古田肇氏(69)と、共産党推薦で党県常任委員の新人高木光弘氏(57)の一騎打ちとなることが確定した。29日に投開票される。

 古田氏は12日午後、同県郡上市で街頭演説し「長良川のアユをはじめとする岐阜の魅力を世界に発信したい」と訴えた。高木氏は県庁前で街頭演説し「大型公共事業を見直し、生活密着型に変えるべきだ」と熱弁を振るった。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報