東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

テニスの加茂公成氏が死去 全米男子複覇者

 テニスの1955年全米ダブルス選手権男子(現在の全米オープン男子ダブルス)で宮城淳氏とペアを組み、戦後の日本男子唯一の四大大会制覇を成し遂げた日本テニス協会顧問の加茂公成(かも・こうせい)氏が6日午後9時20分、心筋梗塞のため死去した。日本テニス協会が12日、発表した。84歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

 有名選手を輩出した加茂一家の次男で早稲田大出身。攻守に重厚なテニスで「宮城・加茂時代」を築いた。55年の国別対抗戦デ杯東洋ゾーン決勝で難敵のフィリピン相手に2勝を挙げ、日本を初優勝に導いた。

(共同)

 1955年のデ杯オーストラリア戦が行われた米ニューヨーク州で記念写真に納まる加茂公成氏(右)

 1955年のデ杯オーストラリア戦が行われた米ニューヨーク州で記念写真に納まる加茂公成氏(右)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報