東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

バス運転手が走行中病死か、岐阜 国道で衝突、乗客けがなし

 12日午後3時半ごろ、岐阜県郡上市白鳥町長滝の国道156号で、観光バスが反対車線にはみ出して対向の乗用車と正面衝突した。福井県鯖江市のバス運転手の男性(68)が死亡。目立った外傷はなく走行中に病死したとみられ、郡上署が詳しい原因を調べている。

 乗客41人にけがはなかった。乗用車を運転していた郡上市の女性(58)は首などにけがをした。

 郡上署によると、バスは福井県内のバス会社が運行。当時は雪が降っていたが、路面の凍結はなかった。現場は片側1車線でセンターラインのある緩やかなカーブ。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報