東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

再審根拠のDNA鑑定否定 袴田さん抗告審、長期化も

 死刑が確定しながらも静岡地裁の再審開始決定で約48年ぶりに釈放された袴田巌さん(80)の即時抗告審で、東京高裁から委託を受け、地裁決定の根拠となった弁護側DNA型鑑定の手法の有効性を検証していた大阪医科大の鈴木広一教授が、有効性を否定する報告書をまとめ、東京高裁(大島隆明裁判長)に提出したことが27日、関係者への取材で分かった。

 高裁の判断に影響を与える可能性があり、弁護側の反発は必至だ。有効性が認められれば、再審開始に一気に傾くとみられていたが、3年近くに及ぶ即時抗告審はさらに長引く恐れが出てきた。

(共同)

 袴田巌さん

 袴田巌さん
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報