東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

森友側「お見舞い兼ねた商品券」 鴻池氏に紙包み、交渉16回

 大阪府の国有地を評価額より大幅に安く取得した学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長の代理人を務める酒井康生弁護士が2日、理事長が2014年4月に鴻池祥肇元防災担当相と面会して紙包みを差し出したことを認め、中身について「お見舞いを兼ねて商品券を渡そうとしただけだ」と明らかにした。一方、鴻池氏の事務所が籠池氏や国との交渉経過を記録した文書の内容が判明、理事長とのやりとりは13年8月から16年3月まで16回に上った。

 国有地払い下げを巡る問題で、学園側が政治家との接触を認めたのは初めて。

(共同)

 学校法人「森友学園」が取得した用地で進む、小学校の建設工事=2日午後、大阪府豊中市

 学校法人「森友学園」が取得した用地で進む、小学校の建設工事=2日午後、大阪府豊中市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報