東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

柔道の東京都選手権、小川が初V 全日本選手権予選兼ねる

 体重無差別で争う柔道の全日本選手権(4月29日・日本武道館)予選を兼ねた東京都選手権は5日、東京都足立区の東京武道館で行われ、20歳の小川雄勢(明大)が初優勝し、2年連続の本戦出場を決めた。

 小川の父は1992年バルセロナ五輪銀メダリストで、全日本で5連覇を含む優勝7度を誇る小川直也氏。激戦区を勝ち抜き「スタミナがついたと思う。自信になる。全日本は優勝を目指す」と力強く語った。

 2月のグランドスラム(GS)パリ大会で100キロ級を制覇した期待の18歳、飯田健太郎(東京・国士舘高)は4回戦で敗退し、上位9人に与えられる出場権を逃した。

(共同)

 柔道の東京都選手権で初優勝し、父の小川直也氏(右)と記念撮影する小川雄勢=東京武道館

 柔道の東京都選手権で初優勝し、父の小川直也氏(右)と記念撮影する小川雄勢=東京武道館
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報