東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

森友学園報告「詐欺的」と府知事 私学推薦枠も事実なし

 大阪府の松井一郎知事は6日、学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指す小学校の建築費に関し、府への報告が国側試算の半額だったと確認したとし「ダブルスタンダードで詐欺的なことになる。信用できない」と批判した。推薦入学枠に関する文書も対象の私学から事実ではないとの回答を得たと明らかにした。

 国の補助金対象の校舎と体育館の建築費に関し、学園側は21億8千万円と申請したのに対し、国側は約15億円と試算。だが学園は府に7億5600万円と報告していた。学園の代理人弁護士は6日夜までに、国側には最大限の費用で補助金申請し、府への報告額が正しいと府教育庁に説明した。

(共同)

 学校法人「森友学園」が取得した用地で進む、小学校の建設工事=3月2日、大阪府豊中市

 学校法人「森友学園」が取得した用地で進む、小学校の建設工事=3月2日、大阪府豊中市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報