東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

学術会議「軍事研究せず」を継承 新声明案、防衛省公募に対応要請

 科学者の軍事研究への関わり方を検討してきた日本学術会議の検討委員会が、「軍事研究をしない」とした1950年と67年の声明の基本方針を「継承する」との新声明案を作成したことが6日、複数の学術会議関係者への取材で分かった。2015年度に防衛省が始めた科学者らに軍事応用も可能な基礎研究費を給付する公募制度については「政府介入が強まる懸念がある」として、大学などに応募の妥当性を慎重に審査するよう求める。

 7日に開かれる検討委で議論し、合意されれば、4月の学術会議総会に提案される見通し。可決されれば、50年ぶりの軍事研究に関する声明となる。

(共同)

 新声明案のポイント

 新声明案のポイント
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報