東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

森友施工者「15億円が正しい」 系列保育園で補助金不正の疑いも

 大阪市の学校法人「森友学園」(籠池泰典理事長)が、金額の異なる3通の小学校建設工事請負契約書を大阪府などに提出した問題で、請負代金が15億5520万円の契約書の写しを施工業者が府に示し「これが正しい」と説明していることが9日、分かった。籠池氏が代表の社会福祉法人が運営する保育園で補助金約1千万円を不正受給した疑いも判明。府教育庁は午後に小学校の現地調査を実施した。複数の疑惑を籠池氏に直接ただす。

 松井一郎知事は「施工業者の話に信ぴょう性がある。理事長サイドの指示で3種類の虚偽の契約書が作られたのだろう」と府庁で記者団に述べた。

(共同)

 学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長

 学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報