東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

文化芸術基本法の制定を 関連団体がアピール

 伝統芸能や音楽、映画などの関係団体でつくる「文化芸術推進フォーラム」が13日、都内で記者会見し、文化芸術の振興や技能継承を国が支援する文化芸術基本法の早期制定や、文化庁の機能強化を訴えた。

 フォーラム議長で人間国宝の狂言師・野村萬さんは「文化芸術は多くの人が力強く生きていくための心のよりどころだ」と基本法の意義を強調。文化庁を格上げし、関連する政策を一元的に担う「文化省」創設を目指す考えを強調した。記者会見は映画監督の崔洋一さんらも同席した。

 文化芸術基本法は、現行法を改正・改称し、国に支援の基本計画作成を義務付ける内容。

(共同)

 記者会見する人間国宝の狂言師・野村萬さん=13日午後、東京都内のホテル

 記者会見する人間国宝の狂言師・野村萬さん=13日午後、東京都内のホテル
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by