東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

児童扶養手当2カ月ごとに 厚労省が支給見直し検討

 低所得のひとり親家庭向けの児童扶養手当について、厚生労働省は13日、支給方法を見直す方針を決めた。現在は4カ月ごとにまとめて支給しているが、2カ月ごとにすることを検討している。小まめに受け取れるようにすることで、家計管理を手助けするのが狙い。自治体のシステムを改修し、2019年度にも開始したい考えだ。

 児童扶養手当を受給しているのは全国で約104万世帯(15年度)に上る。支給時期は年3回(4、8、12月)で、4カ月分ずつ、まとめて受け取る仕組みだ。

 こうした「まとめ支給」には、受給者から「やりくりが難しい」として、見直しを求める声が上がっていた。

(共同)

 児童扶養手当支給見直しのイメージ

 児童扶養手当支給見直しのイメージ
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by