東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

献金問題、茂木氏が違法性否定 破産手続き中の会社から11万円

 茂木敏充経済再生担当相は8日の閣議後の記者会見で、自身が代表の政党支部が2013年に破産手続き中だった北海道の建設会社名義で11万円の献金を受けていた問題に関し「政治資金規正法には破産会社からの寄付を禁じる規定はない。法にのっとって処理している」と違法性を否定した。

 破産法は破産手続き開始決定が出た場合、財産は破産管財人に専属すると規定。当時の管財人は献金を「把握していない」とし、専門家は政治資金規正法が禁じる他人名義の献金などに当たる可能性を指摘している。

 建設会社は北海道中標津町の中畑建設で、13年11月26日に釧路地裁で破産手続き開始決定を受けた。

(共同)

 閣議後に記者会見する茂木経済再生相=8日午前、内閣府

 閣議後に記者会見する茂木経済再生相=8日午前、内閣府
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by