東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

桐生9秒98 「やっと世界のスタートライン」 日本、49年の悲願

 陸上男子の桐生祥秀(よしひで)(21)=東洋大4年=が九日、福井市の福井県営陸上競技場で行われた日本学生対校選手権の100メートル決勝で9秒98の日本新記録を樹立し、日本人で初めて「10秒の壁」を破った。追い風1・8メートルの好条件下で力強いピッチを最後まで維持した。五輪の花形種目で、日本勢の長年の夢だった領域に足を踏み入れ、3年後の東京五輪に弾みをつけた。

 100分の1秒まで表示する現行の電気計時では一九六八年にジム・ハインズ(米国)が9秒95で走り、世界で初めて10秒を切った。日本人は49年遅れで悲願の9秒台突入となった。国際陸上競技連盟によると桐生は9秒台をマークした126人目のスプリンターとなる。

 日本勢は伊東浩司が九八年アジア大会で日本記録を10秒00に更新したが、その後は足踏みが続いた。桐生は京都・洛南高3年だった二〇一三年に10秒01。一昨年には追い風参考で9秒87をマークしたが、公認記録での9秒台には届いていなかった。

 世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)が〇九年世界選手権で刻んだ9秒58。アジア記録はナイジェリア出身のフェミセウン・オグノデ(カタール)が一五年に9秒91に伸ばした。中国勢では一昨年、蘇炳添(そへいてん)が9秒99で走った。日本陸上競技連盟が認めた最初の日本記録は三島弥彦が一九一一年に出した12秒0。そこから106年を要し、新たな時代に突入した。

<桐生祥秀の話> 大学最後、今季最後の100メートルで出せたのはうれしい。やっと4年間くすぶっていた自己ベストを更新できた。9秒台を出して、やっと世界のスタートラインに立てた。コーチやトレーナーには感謝の気持ちでいっぱい。

◆苦闘の歴史「壁」を突破

 長く日本人の前に立ちはだかってきた「10秒の壁」を、桐生がついに乗り越えた。偉業を達成したスプリンターは「やっと…」と感慨深げに話しだした。それは、日本の陸上界全体の感慨でもあった。

 一九七〇年、日本陸上競技連盟(陸連)が招いたポルトガル人指導者は、太ももを上げるトレーニングを全国で指導した。それが「ももを高く上げるのが速く走るフォーム」と誤解され、「ももを上げろ」が合言葉になった。だが日本陸連が九一年に東京で開催された世界選手権でカール・ルイス(米国)らの走りを分析した結果、その指導法が間違いだと気づいた。20年以上、遠回りしていた。

 以降はももを上げず、骨盤を意識し、膝を前に出すフォームが主流になった。九七年に朝原宣治が10秒08で日本人初の10秒0台に突入。翌年には伊東浩司(現日本陸連強化委員長)が10秒00をマーク。アジア大会準決勝だったため、最後は力を抜いていた。体をあと10センチ前に倒していれば9秒台だったと言われる。そして桐生が4年前に10秒01を記録。山県亮太(セイコーホールディングス)ら同世代の選手も10秒0台を連発し、条件次第でいつ9秒台が出てもおかしくない状況だった。

 伊東委員長は「一人が壁を破れば、間違いなく続く。記録とはそういうもの。世界のファイナルへここからが始まり」と力を込める。二〇二〇年東京五輪へ、日本人スプリンターの進化は続く。 (森合正範)

(東京新聞)

男子100メートル決勝 9秒98の日本新記録で優勝し、歓喜の桐生祥秀=9日、福井県営陸上競技場で(横田信哉撮影)

男子100メートル決勝 9秒98の日本新記録で優勝し、歓喜の桐生祥秀=9日、福井県営陸上競技場で(横田信哉撮影)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by