東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

南西諸島コウモリ絶滅危惧種に 最新版レッドリスト

 国際自然保護連合(IUCN)は14日、世界の絶滅危惧種をまとめたレッドリストの最新版を公表した。南西諸島のクビワオオコウモリが絶滅危惧種に格上げされ、オーストラリアのアブラコウモリの仲間は絶滅を宣言した。

 クビワオオコウモリは台湾やフィリピンにも分布。生息地の森林が農地に転換されたり、野ネコに捕食されたりして個体数が減っており、これまでの準絶滅危惧種から危険度を一つ引き上げた。

 アブラコウモリの仲間はクリスマス島に分布していたが、2009年を最後に生存が確認されず、絶滅したと判断した。

(共同)

 絶滅危惧種となったクビワオオコウモリ=沖縄県沖縄市の「沖縄こどもの国」

 絶滅危惧種となったクビワオオコウモリ=沖縄県沖縄市の「沖縄こどもの国」
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by