東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

希望、民進出身者公認絞る 小池氏「全員はない」

 衆院解散から一夜明けた29日、与野党が短期決戦の衆院選(10月22日投開票)へ動きを加速させた。新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は、民進党の前原誠司代表と都内のホテルで会談し、政権交代の実現のために連携すべきだとの認識で一致した。小池氏は会談後、民進党出身者の公認に関し「私たちの政策に合致するのかさまざまな観点から早急に絞り込みたい。『全員を受け入れる』ということはさらさらない」と記者団に述べた。

 小池氏は、民進党前衆院議員らの選別を進めている。記者団には仲間として選挙が戦えるかどうかが重要だと指摘した。

(共同)

 解散日から公示日までの日数

 解散日から公示日までの日数
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by