東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

黒潮、12年ぶりに大蛇行 潮位の変化、漁業に影響も

 気象庁は29日、黒潮が東海の沖合で大きく南下する「大蛇行」が、2004年7月〜05年8月以来、およそ12年ぶりに発生したと発表した。沿岸の潮位が上がって低地への浸水が発生しやすくなるほか、漁業に影響が出る可能性もある。

 気象庁によると、黒潮は通常、日本列島に沿って太平洋を西から東へ流れている。しかし8月下旬以降、紀伊半島南端の潮岬(和歌山県)付近から大きく南へ曲がる状態が続いている。

 海上保安庁が海流を観測した結果などから、黒潮は静岡県の250〜300キロ沖の北緯31・5度付近まで南下し、その後、伊豆半島や相模湾に向けて北上している。

(共同)

 黒潮の流路

 黒潮の流路
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by