東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

希望の党公認問題「近く方向性」 前原氏、不安解消を強調

 民進党の前原誠司代表は30日、地方組織幹部を集めた会議で、合流を決めた新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)の公認を巡る問題について、近く方向性を出したいとの考えを示した。「一両日中にしっかりと方向性を出したい。一刻も早く、不安を解消するため、公認候補を発表する手順を取らねばならない」と強調した。

 希望側の選別方針に対し、民進党の辻元清美幹事長代行は30日、「希望の党には行かない」として希望に参加せず、無所属で立候補する意向を記者団に表明した。ほかにも不参加の動きが相次いでおり、混乱が拡大する可能性もある。

(共同)

 民進党の地方組織幹部を集めた会議で、あいさつする前原代表=30日午後、東京・永田町の党本部

 民進党の地方組織幹部を集めた会議で、あいさつする前原代表=30日午後、東京・永田町の党本部
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by