東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

イラクのタラバニ前大統領が死去 混乱期に存在感を発揮

 【カイロ共同】イラクのジャラル・タラバニ前大統領が3日、治療のため訪れていたドイツ・ベルリンの病院で死去した。クルド系メディアによると83歳だった。タラバニ氏が率いたクルド愛国同盟(PUK)が発表した。脳卒中の既往歴があり、2014年7月の大統領退任後は健康状態が優れなかった。

 少数民族クルド人を代表する政治家で、旧フセイン政権打倒を目指して長く活動し、米国との結び付きが強かった。03年のイラク戦争開戦とフセイン政権崩壊後の混乱期に、政治的実権を首相に譲りながらも、新政府の顔として存在感を発揮した。

 死去したイラクのジャラル・タラバニ前大統領(UPI=共同)

 死去したイラクのジャラル・タラバニ前大統領(UPI=共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by