東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

防衛相、沖縄米軍ヘリ事故で見解 同型機運用停止「期間定めずに」

 沖縄県東村高江の民間地で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上した事故で、小野寺五典防衛相は記者団に13日、県内駐留の同型機を4日間、運用停止するとした在日米海兵隊の方針に対し「期間をあらかじめ定めずに原因と安全が確認されるまでの間の運用停止が必要」との見解を示した。

 小野寺氏は、シュローティ在日米軍副司令官との12日の会談に基づき運用停止期間は決まっていないとの認識を示した。小野寺氏が「(停止期間は)安全確認できるまでの間ということでいいか」と尋ね、シュローティ氏は「その通りだ」と応じたという。

(共同)

 沖縄県東村に不時着、炎上した米軍のCH53Eヘリコプターを調べる米兵ら=13日午前10時13分

 沖縄県東村に不時着、炎上した米軍のCH53Eヘリコプターを調べる米兵ら=13日午前10時13分
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by