東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

希望共同代表選、10日投票 民進出身3氏が立候補意欲

 希望の党は2日の両院議員総会で、小池百合子代表(東京都知事)を補佐し、国会議員を率いる「共同代表」の選挙日程を「8日告示―10日投開票」と決めた。いずれも民進党出身で衆院議員の泉健太(京都3区、当選7回)、大串博志(佐賀2区、同5回)、玉木雄一郎(香川2区、同4回)の3氏が立候補に意欲を示した。

 泉氏は国会内で「党の責任を積極的に担いたい気持ちを持っている」と強調。大串氏は「私の考えを体現して立候補する人がいなければ、自分がやることを含め仲間と相談する」と語った。

 玉木氏は都内でのパーティーで「日本の政治に貢献できるよう微力ながら頑張りたい」と述べた。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報