東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相、森友用地のごみ量調査困難 国有地の大幅値引き問題

 安倍晋三首相は29日午後の参院予算委員会で、国有地が大幅に値引きされて学校法人「森友学園」に売却された問題で、算定根拠となった地中のごみの量を実際に調査することは困難だとの認識を示した。調査による量の確認はしない方針を示した形。会計検査院は、地中のごみの混入率を高めに算定したことなどが大幅値引きにつながった可能性を指摘していた。

 財務省の太田充理財局長は「本当に行おうとすれば全部、(土地を)ひっくり返してやらない限り無理だ」と否定的な見解を示した。続いて首相は「政府としての認識」と強調した。

 民進党の川合孝典氏が、ごみの量の調査を求めたのに対して答えた。

(共同)

 参院予算委で答弁する安倍首相=29日午後

 参院予算委で答弁する安倍首相=29日午後
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報