東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

自宅付近で待ち構え宮司襲撃か 地位巡りトラブル?

 東京都江東区の富岡八幡宮の女性宮司ら4人が死傷した事件で、宮司の弟が妻と共に、宮司が自宅近くで車から降りるのを待ち構えて襲撃後、弟は自殺したとみられることが8日、警視庁捜査1課への取材で分かった。弟は住所、職業不詳富岡茂永容疑者(56)、宮司は長子さん(58)。

 長子さんは2002年1月、宮司の地位を巡る親族間のトラブルについて警視庁深川署に相談。茂永容疑者は06年1月、長子さんに「地獄へ送る」などのはがきを送ったとして、同署に脅迫容疑で逮捕されていた。

 捜査1課は、宮司の地位を巡り長年にわたってトラブルがあったとみて、殺人容疑で詳しい動機などを調べる。

(共同)

 境内で男女4人が切られるなどした富岡八幡宮=8日午前0時20分、東京都江東区

 境内で男女4人が切られるなどした富岡八幡宮=8日午前0時20分、東京都江東区
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報