東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

センター試験、地理Bにムーミン ネットでは戸惑いも

 13日にあった大学入試センター試験では、地理Bの問題に世界的な人気キャラクターのムーミンが登場した。ムーミンが北欧のどの国を舞台としたアニメーション作品かを問う内容で、インターネット上には戸惑いの声も上がった。

 スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの3カ国の気候や貿易などの比較に続き、各国のアニメと言語の正しい組み合わせを問う問題。アニメは、スウェーデンの「ニルスのふしぎな旅」が示され、ムーミンと「小さなバイキングビッケ」のどちらがフィンランドかを選ぶよう求めた。

 ツイッターでは「ムーミンは地理に関係ないのでは」など、受験生とみられる恨み言が噴出した。

(共同)

 センター試験の地理Bでは、北欧童話「ムーミン」に関する問題も取り上げられた

 センター試験の地理Bでは、北欧童話「ムーミン」に関する問題も取り上げられた
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報