東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

北陸から九州北部で「春一番」 雪から一転、気温上昇

 気象庁は14日、北陸と中国、九州北部で「春一番」が吹いたと発表。昨年より北陸は3日、中国は8日、九州北部は2日早い春一番となった。北陸では13日まで雪が続いたが、気温が上昇しており、強風や雪解けによるなだれに注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、低気圧が日本海で発達しながら東へ進んだため、低気圧に向かって暖かい南寄りの風が吹き込んだ。

 瞬間風速は金沢市で16・9メートル、鳥取市で14・4メートル、長崎市で13・4メートルを観測。最高気温も長崎市で13日より6・6度高い14・7度を記録するなど、各地で13日に比べ3〜9度上がり、3月並みの陽気になった。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報