東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

誤診察でがん治療遅れ、群馬大 患者死亡で調査

 群馬大病院は30日、誤って過去のコンピューター断層撮影(CT)の画像診断報告書を基に70代の男性患者を診察し、胆管がんの治療が遅れるミスがあったと発表した。男性はがんが進行し、昨年10月に死亡。外部委員を含めた医療事故調査委員会がミスの影響を調べる。

 病院によると、男性は10年以上前に呼吸器外科で胸部の悪性腫瘍の手術を受け、経過観察中だった。2016年7月にCT検査を受けたが、担当医は報告書が作成される前に診察。電子カルテ上に表示された前年分の内容を基に診断を伝えた。16年の報告書は、がんなどの疑いを指摘していた。

(共同)

 記者会見で謝罪する群馬大病院の田村遵一病院長(左から2人目)ら=30日午後、前橋市

 記者会見で謝罪する群馬大病院の田村遵一病院長(左から2人目)ら=30日午後、前橋市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報