東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

文科省、文書確認できず 加計問題「首相案件」記載

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、当時首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官が「首相案件」と発言したとの愛媛県作成の文書の存在について、文部科学省が実施した16日夜までの省内調査で確認できなかったとみられることが、政府関係者への取材で分かった。林芳正文科相が17日に調査結果を公表する見通し。

 これまで柳瀬氏は発言を否定し、安倍晋三首相も衆院予算委員会で柳瀬氏を「信頼している」と述べていたが、愛媛県の中村時広知事は文科省、内閣府、農林水産省にも文書が渡った可能性を示唆。農水省では既にほぼ同じ内容のものが見つかっており、調査結果が注目されていた。

(共同)

 林芳正文科相

 林芳正文科相
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報