東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

正露丸のお風呂、全国に 大幸薬品、スーパー銭湯に提供

 大幸薬品が、胃腸薬「正露丸」の製造過程で生じる「木酢液」を入浴剤として全国のスーパー銭湯などに提供する事業を今月から始めた。正露丸特有のにおいはなく、これまでの試験展開では森林浴のような香りが好評という。東京都や愛知県、さいたま市、京都市などでの展開が決まっており、入浴施設にはラッパのマークののぼりを掲げるなどしてアピールする。

 木酢液はブナなどの樹木から正露丸の主成分「木クレオソート」を精製する際に生じる副産物。酢酸などの成分が血行を促進するとして、2004年から一般家庭向けに販売してきた。

 昨年からスーパー銭湯「おふろの王様」に試験提供してきた。

(共同)

 ラッパのマークののぼりが掲げられた、正露丸の製造過程で生じる木酢液を使った入浴施設=埼玉県志木市

 ラッパのマークののぼりが掲げられた、正露丸の製造過程で生じる木酢液を使った入浴施設=埼玉県志木市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報