東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

野党、首相らの責任追及 森友問題、第三者調査も要求

 財務省が調査報告書をまとめた学校法人「森友学園」に関する決裁文書改ざん問題を巡り、野党は5日の衆院財務金融委員会で追及を強めた。立憲民主党の海江田万里氏は「一番責任を取らないといけないのは麻生太郎財務相であり、安倍晋三首相だ」とし、第三者委員会による調査を続けることも求めた。麻生氏は首相への忖度が原因との見方を否定した。

 調査報告書では佐川宣寿前国税庁長官が理財局長在任中に改ざんを主導したと認定されたが、海江田氏は「トップが責任を取るべきだ」と政治家の任命責任を追及。省内調査に限界があるとして、第三者委の調査が必要だと指摘した。

(共同)

 衆院財務金融委で答弁する麻生財務相=5日午前

 衆院財務金融委で答弁する麻生財務相=5日午前
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報