東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

幕下貴公俊力士を起訴猶予 付け人暴行問題、示談成立

 3月の大相撲春場所で付け人に暴行したとして、傷害容疑で書類送検された貴乃花部屋の幕下貴公俊力士(21)について、大阪地検は13日、起訴猶予処分にした。大阪府警が「寛大な処分」を求める意見を付けていた。

 貴公俊力士は、大阪市浪速区で行われていた春場所期間中の3月18日、支度部屋で付け人を複数回殴ったとして、傷害容疑で書類送検された。捜査関係者によると、付け人は軽傷で示談が成立していた。

 付け人の力士が出番を伝えるタイミングが遅れたことに腹を立てたとされる。春場所後に相撲ファンから告発状が出され、受理していた。

(共同)

 貴公俊力士

 貴公俊力士
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報