東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

熱中症搬送、昨年上回る 4〜7月、5万7千人

 総務省消防庁は31日、熱中症のため4月30日から7月29日までに救急搬送されたのは累計5万7534人で、昨シーズン(5月1日〜9月30日)の5万2984人を既に上回ったとの速報値を発表した。死亡したのは125人だった。

 消防庁によると、1シーズンで搬送者数が最多だったのは2013年(6月1日〜9月30日)の5万8729人で、集計時期は異なるが、今シーズンはそれを大幅に上回りそうだ。7月23日に埼玉県熊谷市で41・1度を記録し、観測史上の最高気温を更新するなど、列島各地で厳しい暑さが続いたことが影響した。

 都道府県別搬送者数は、東京が4648人で最も多い。

(共同)

 熱中症による救急搬送状況

 熱中症による救急搬送状況
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報