東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

19年度の予算要求102兆円 最大の公算、社会保障費や防衛費

 政府の2019年度予算概算要求で、基本的な経費を扱う一般会計の総額が102兆円台半ばとなる見通しになったことが22日、分かった。これまで要求段階の過去最高だった16年度(約102兆4千億円)を上回る公算が大きい。高齢化に伴う社会保障費の伸びに加え、成長戦略などの看板政策の経費や防衛費が膨らむのが要因だ。

 財務省は査定で絞り込むものの、今回の要求とは別枠で19年10月の消費税増税に備えた景気対策費を上積みする予定。歳出拡大圧力は強く、12月の編成段階では当初予算として初の100兆円超えが視野に入っている。要求総額が100兆円の大台を超えるのは5年連続。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報