東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東証、午前終値は2万2403円 円安好感し続伸

 23日午前の東京株式市場は、円安ドル高を好感する買い注文が優勢になり、日経平均株価(225種)は続伸した。上げ幅は一時100円を超え、約2週間ぶりの高値を付けた。ただ対立する米国と中国による第2弾の制裁関税を受け、貿易停滞への警戒感から上げ幅を縮める場面もあった。

 午前終値は前日終値比41円35銭高の2万2403円90銭。東証株価指数(TOPIX)は1・09ポイント安の1697・28。

 早期の米追加利上げ観測を背景とした円安傾向を踏まえ、電機株の一角などに買いが入った。将来的な通信料金値下げの可能性が意識され、携帯電話大手株には下げ止まる兆しがみられた。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報