東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

地銀統合、公取委が午後承認発表 ふくおかFGと十八銀、来年4月

 公正取引委員会はふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と長崎県地盤の十八銀行の経営統合計画の承認を24日午後に発表する。関係者が同日、明らかにした。FFGと十八銀が2016年2月に経営統合に基本合意してから、2年以上に及んだ異例の審査が決着する。

 両社が1千億円弱の貸出債権を他の金融機関に譲渡して貸出金のシェアを下げることで、長崎県内の金融市場の競争環境が保たれ、借り手企業が不利益を受けることがなくなると判断した。両社は公取委の通知を受けて19年4月の統合を目指す。地銀の経営環境は厳しさを増しており、各地で再編機運が高まる可能性がある。

(共同)

 長崎市の十八銀行(左)と福岡市のふくおかフィナンシャルグループの本社

 長崎市の十八銀行(左)と福岡市のふくおかフィナンシャルグループの本社
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報