東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

文化財レッドリスト作成へ 伝統工芸の継承支援

 文化庁は25日、後継者不足で存続が危ぶまれる伝統工芸などを一覧にした「文化財レッドリスト」を数年かけて作成し、支援を強化する方針を決めた。リスト入りしたものは、担い手育成事業などを優先的に補助する。2019年度予算の概算要求に文化財の次世代継承事業費として約8億円を盛り込む。

 伝統工芸技術の保持者は、高齢化に伴い年々減少。檜皮屋根のふき替えに必要な道具や雅楽の楽器に使う部品など、伝統的な材料や工具の生産・供給も先細る一方で、次世代への継承が危ぶまれている。自民党は6月、政府に支援の強化を提言していた。

(共同)

 春日大社の国宝本殿の檜皮屋根ふき替え作業=2015年12月、奈良市

 春日大社の国宝本殿の檜皮屋根ふき替え作業=2015年12月、奈良市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報