東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東証、2カ月半ぶり高値 上海株高で5日続伸、197円高

 週明け27日の東京株式市場は、上海株の値上がりや米金融政策を巡る安心感から買いが強まり、日経平均株価(225種)は約2カ月半ぶりの高値で取引を終えた。終値は前週末比197円87銭高の2万2799円64銭で、約4カ月ぶりに5営業日続伸した。

 東証株価指数(TOPIX)は19・75ポイント高の1728・95。出来高は約10億4500万株。

 朝方は、前週末に米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が講演した内容から、米国の利上げは緩やかに進むとの見方が広がり、安心感から買いが先行した。

 その後は上海株の上昇が東京市場の追い風になった。

(共同)

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報