東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

国連でロヒンギャ支援訴え 危機1年、親善大使女優ら

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は28日、イスラム教徒の少数民族ロヒンギャが迫害され、難民となって国外へ逃れる危機が始まって約1年が経過したミャンマー情勢を協議した。グテレス事務総長や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使の女優ケイト・ブランシェットさんらが、ロヒンギャへの支援を訴えた。

 グテレス氏は、ロヒンギャが自発的かつ安全に帰還できる条件はまだ整わないと指摘。迫害の責任追及やロヒンギャ差別の解消が欠かせないとし、「この危機を永遠に継続させてはならない」と呼び掛けた。

 国連安保理の会合に出席したケイト・ブランシェットさん=28日、ニューヨーク(共同)

 国連安保理の会合に出席したケイト・ブランシェットさん=28日、ニューヨーク(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報