東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ソフトバンクがスマホ割安プラン 最大30%、端末代と通信料分離

 携帯電話大手ソフトバンクは29日、スマートフォン端末代金を値引きしない代わりに、月々の通信料金を引き下げた新しい料金プランを発表した。9月6日から提供する。月々の通信料金のみを比較した場合、最大で30%以上割安になるという。値下げを求める政府の批判をかわす狙いもありそうだ。

 新プランは4人家族で他のサービスを組み合わせて加入した場合、通信容量が50ギガバイトで月3480円からとなる。従来は月6千円からだった。同じ通話プランを含めて比較すると、4人で加入した場合の値下げ幅は約33%。1人だと約25%となる。端末の購入代金は値引きされない。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報