東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

防衛大綱改定へ本格着手 首相「新領域で優位を」

 政府は29日、年末に予定する防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の見直しに向けて、有識者から意見を聴く「安全保障と防衛力に関する懇談会」の初会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相はサイバーや宇宙分野を挙げ「新たな領域で優位性を保つことが日本の防衛に死活的に重要だ」と強調した。政府は防衛省内や国家安全保障会議(NSC)の議論と合わせ大綱改定へ本格着手。有識者懇の議論を見直しに反映させる考えだ。

 首相は、大綱見直しの意義について、北朝鮮情勢などを念頭に「わが国の安保環境は、格段に速いスピードで厳しさと不確実性を増している」と説明した。

(共同)

 「安全保障と防衛力に関する懇談会」の初会合であいさつする安倍首相=29日午後、首相官邸

 「安全保障と防衛力に関する懇談会」の初会合であいさつする安倍首相=29日午後、首相官邸
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報