東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

令状GPS「違法性なし」 千葉、自動車盗事件で実刑

 千葉県警が2016年、全国で初めて裁判所の令状を取り、捜査対象者の車に衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付けた捜査手法の適否が争われた自動車盗事件の判決で、千葉地裁(野原俊郎裁判長)は30日、今回の事件でのGPS捜査に重大な違法性はなかったとの判断を示した。その上で、窃盗罪などに問われた男に懲役10年、罰金30万円(求刑懲役12年、罰金50万円)を言い渡した。

 弁護側によると、令状を取得したGPS捜査の適法性を巡る初の判決。

 弁護側は控訴を検討するとしている。男の弁護人は取材にGPS捜査について「運用を検証する措置も必要だ」と話した。

(共同)

 GPS端末

 GPS端末
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報