東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

岩手・岩泉豪雨災害2年で慰霊式 復興道半ば

 2016年の台風10号の豪雨災害から2年を迎えた30日、24人が犠牲となった岩手県岩泉町で追悼慰霊式が営まれ、住民ら約280人が黙とうして犠牲者を悼んだ。同町ではいまだ約240人が仮設住宅で暮らしており、復興は道半ば。中居健一町長は式辞で「迅速な復旧に向け、一丸となって取り組む」と誓った。

 岩手県では、関連死を含め26人が死亡、1人が行方不明となった。約3千世帯の住宅が全半壊し、被害総額は1430億円に上った。県内で被災した道路や河川などの公共土木施設は約1900カ所におよび、復旧工事が完了したのは約4割にとどまるという。

(共同)

 台風10号犠牲者の追悼慰霊式で、黙とうする遺族ら=30日午後、岩手県岩泉町

 台風10号犠牲者の追悼慰霊式で、黙とうする遺族ら=30日午後、岩手県岩泉町
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報