東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

人事院、障害者枠は現行法で可能 中央省庁雇用水増し問題で見解

 中央省庁の障害者雇用水増し問題を巡り、人事院は30日、「国家公務員の採用に障害者枠を設けることは、現行の国家公務員法で可能だ」との見解を示した。国会内で野党が合同開催した会合で説明した。

 加藤勝信厚生労働相は各省庁に対し、できるだけ年内に法定雇用率を満たすよう求めている。障害者枠の新設は障害者の採用を増やす有効な手段とみられ、政府は検討を進めている。

 人事院の担当者は「応募者を障害者に限った選考は可能だと考える」と話したが、具体的な採用方法については今後の課題とした。

 自民、公明両党も同日、それぞれ厚労部会を開いた。出席した議員からは批判が相次いだ。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報