東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日中、反保護主義で一致 米政権念頭に協力

 【北京共同】麻生太郎副総理兼財務相は30日、訪問先の北京で、中国の財政担当である韓正筆頭副首相、米中貿易交渉や金融分野を担当する劉鶴副首相らとそれぞれ会談した。会談後に記者団の取材に対し、トランプ米政権を念頭に「保護主義的な貿易政策はどの国も利さないとの考えで一致した」と述べ、日中両国で協力して対応していく考えを表明した。

 同行筋によると、麻生氏は両副首相との会談で、世界貿易機関(WTO)協定の範囲内で保護主義的な政策に対応していくべきだと主張。貿易を巡る米中の報復合戦には警戒感を示したという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報