東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

上半期の難民申請者35%減 5500人、うち認定22人

 法務省は31日、今年上半期(1〜6月)に難民認定申請した外国人は5586人で、前年同期と比べ2975人(約35%)減ったと発表した。上半期の申請数減少は8年ぶりで、申請後の取り下げも増えたという。一方、難民認定されたのは22人で、昨年1年間の認定数20人を既に上回った。

 就労目的の申請が急増しているとして、法務省は1月15日から厳格化した難民認定制度を導入している。担当者は「新制度で誤用的な申請が抑制されたことで処理が進み、認定数増加につながった」としている。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報